棋聖戦、趙十段が勝ち1勝1敗に

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20080131-OYT1T00612.htm

囲碁の第32期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)、山下敬吾棋聖(29)と挑戦者、趙治勲十段(51)の第2局は30日から島根県益田市の「島田家」で行われていたが、31日午後7時26分、248手で趙十段が中押し勝ち、今シリーズ1勝目を挙げた。
 序盤、右上で起こった競り合いが右下まで拡大。その後、趙十段が、黒模様深く上辺白94と打ち込み、黒地が大きくまとまるのを阻んだ。左辺の折衝で形勢を損じた山下棋聖が右上、右下でコウを争って必死の粘りを見せたが、趙十段は冷静に黒の大石を仕留めた。山下棋聖棋聖戦七番勝負での連勝記録は9でストップした。第3局は7、8日、愛知県田原市の「伊良湖ガーデンホテル」で行われる。
 趙十段の話「1勝1敗に持ち込めてよかった。七番勝負の勘が戻ってきた」
 山下棋聖の話「左辺で誤算があった。次に向け、気持ちを立て直したい」
(2008年1月31日22時05分 読売新聞)

読売新聞サイトの棋聖戦コーナーは、実況解説をしてくんなくて、棋譜を見るのにもソフトをインストールしろとかいってるので(そんなもんインストールするわけないので)、BSでの中継を見れなくてインターネットでちょっと覗き見応援をしようと思っていると苛々する。
いちおう、一時間に一度ぐらいアップロードされるらしい棋譜画像、というのを見たり着手をたどってみたりしていたが、こちらは解説がないと形勢判断もできない素人なので、うーん、趙わるくないとはおもうのだけれど・・・と思ったり、あれあれ上辺から左辺がとんでもない黒模様になってる!いつのまに!と思ったり、おお、あそこから消しにいったのか、さてどうなるか、と思ったりしていて、帰宅してからチェックしたら趙が勝っていた。
深夜の解説番組を待っていたのだが、待ってるうちにうたた寝して気がついたら終わっていたというていたらく。
まぁしかし、もちろん趙を応援なのだ。