ついでに買って読んだ『アドラー心理学シンプルな幸福論』。シンプルではあるが幸福なのか。

アドラー心理学 シンプルな幸福論 (ベスト新書)

アドラー心理学 シンプルな幸福論 (ベスト新書)

これは学生に薦めるつもりはなくて、なんとなくさいきん、浅いかんじのカウンセリング系のはなしがけっこうわるくないかなあと思ってて、浅くて薄っぺらい理論でもって、浅くて薄っぺらいクライアントの悩みをさらっと治しちゃうってのはありだよなあ、それはそれでカウンセラーの力量だよなあ、と思っているかんけいじょう、ちょっとこういうのも見てみようかな、と。で、この本、のっけから、アドラー心理学はあたりまえのことばかり言うのだ、あたりまえでなにがわるい、と居直ったことを言っていて不穏。で、じっさいにあたりまえ、というか著者のいうところの「シンプル」ですな、なことが書いてある。まぁ、今を生きる的な?ことですね。そらそんでええのですが、いかんせん、著者の人が幸福そうに見えない。著者の人が自分じしんに言い聞かせているようなふうに見えるんで、ちょっとこころもとない。あるクライアントさんに、毎回、「人生を先延ばしにしない」と書いて聞かせていたというエピソードも、なんか著者の人自身の思いをクライアントさんに投影しとるように見えて、ちょっとこころもとないなあと思った。