『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』読んだ。さらっと(手癖で)書いたものみたい。

まぁ8月が終わるころ、夏休みの宿題みたいなかんじで夏になにか読んだということにしたいということもあって積読になってたのを読み始めた。で、さいしょずっと乗れなかったが、まぁ途中からようやく勢いがついてけっきょく最後まで読むのに夜更かしすることになった。
で、まぁ例によって、世代的に結局は村上春樹は読むんだろうなあと思いながらながねん放置していたわけで、まぁ長さも短かそうだし、まぁ読んでもたしかにあまりぎょうぎょうしい道具立てはなくて、まぁさらっと書いたものだろうなというかんじ。でもまぁいつもながらのパターンはやはり繰り返されていて、なぜ同じことばかり書いていられるのかなあと思いつつ、まぁ手癖で書くんだろうなあと。以前ここに書いた感想をリンクしておくと
https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20090920/p2
https://k-i-t.hatenablog.com/entries/2009/11/03#p1
https://k-i-t.hatenablog.com/entries/2009/11/22#p1
https://k-i-t.hatenablog.com/entries/2014/08/29#p1
https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20180416/p1
https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2019/02/17/235125
でまぁ、お話としては、主人公が30代半ばで、ところが高校生の時の地元の仲良しグループから二十歳の時にいきなりハブられたということから、いつもながらの村上的な空虚を抱える人間になってですね、で、いまにいたると。で、いまになってそのひとりひとりに会いに行く、というおはなし。そんでまぁ、巡礼ですわね、して、何があったかを知り(あるいは謎は謎のままで)、それであー自分は色彩を持たない空虚だなーとかいいつつ、まぁ生きていこうとかなんとかまぁ、知らんがなと思うけどまぁそういう人もいるだろうし、闇だか井戸だか戦争だかなんだかかんだかをやたら引き合いに出さないのは、まぁ自分的にはそれでいいんじゃないのとおもうわけで、さらっと書いてるというのはそういうところ。夢とか暴力とかエロとか抽象的な悪とかはちらちらっとずつ出してくるし、女子が登場するたびに胸がどうのこうのということを言わずにいられないのはまぁ手癖というかそういう書き方しかできないのだろうというかんじではあるね。ところで、今回登場の仲良しグループというのが主人公のほかが男2人女2人だったわけだけれど、この男2人のほうはべつに1人でも3人でもよさそうな書かれ方で、まぁモブというか、主人公が会いに行った時に適当にそれらしい現在の境遇のヴァリエーションを見せて適当にそれらしいセリフを聞かせるという役回りになってるからそれを1人に言わせても2人や3人に割り振ってもまぁあんまり構造的に変わらない。でまぁ、女2人のほうは、これは絶対に2人じゃないといけない書かれ方で、つまり、村上春樹がお話を書くときに2種類の女を登場させるということで(まぁそこに胸がどうのこうのという書き方も村上春樹(70歳)的に必須になってるわけで川上宗薫みたいなものだろうとおもうのだけれど)、まぁあいかわらずやってるなあというかんじ。また、いままで主人公の探索を助ける美少女、みたいのがまたパターンとして出てきてた気がするけれどこのたびはアラフォー女子。まぁ、村上春樹(70歳)としてはいつまでも登場人物を若くしてられないというのはそのとおりだろうし、まぁこのたびは登場人物が時間の経過とか、まぁ大人になること?とか老い?とかを自覚するというのがひとつのおはなしになってるので(それはまぁ昔の短編で「駄目になった王国」というので書いてたことだと思うのだけれど)、まぁいまさら美少女もないのだろうけれど、しかし村上春樹(70歳)がいまさら登場人物を30代ぐらいまでにしか設定できないでいまだに大人になるだのなんだのの感慨を書いているというのもね、まぁね、きびしくはあるですな。

まぁ、これ2013年発表なのですか、すると村上春樹(64歳)というべきかね。『女のいない男たち』とだいたい同時期すこし前だと。ま、だからその時の感想(上記リンク)とおなじっちゃおなじってことですかね。