通勤電車で読んでた『決戦!株主総会 ドキュメントLIXIL死闘の8カ月』。正義vs悪、絶体絶命からの逆襲、みたいな企業ガバナンス実録モノ。

HONZで見かけて、読んでみた。
honz.jp
書評にいわく、「巨大企業を舞台にした人間ドラマと、コーポレートガバナンスの教科書的要素が見事に両立したノンフィクション」ということで、なんか面白そうだなと思って読み始めたけれど、たしかに面白かった。テレビのCMでおなじみのLIXILでそんなことがおこっていたのかーというかんじ。書評によれば「簡単に言えば、創業家出身の潮田氏が、自らが招聘したプロ経営者であるLIXILグループ社長兼CEOの瀬戸欣哉氏のクビを切った一件」ということになる。で、本書の主人公はクビにされた瀬戸って人で、そりゃおかしいだろうってことで反撃に出て、まぁ日本の株主総会なんてなんだかんだで会社側が勝つにきまっているところにむけて、新しい取締役と自らのCEO復帰を株主提案する。「日本の企業社会では株主提案が勝利するケースはほとんどない…2019年には54件の株主提案がなされているが、わずか1件をのぞきすべて否決されている。実はこの1件が瀬戸氏による株主提案だった。瀬戸氏の勝利が奇跡的と称される由縁である」だそうな。でまぁそういう、絶体絶命からの大逆襲の痛快ノンフィクションなのだった。で、まぁ、これはたぶん著者の人の書きぶりもあると思うのだけれど、けっこうメリハリよく、正義vs悪、みたいな構図になっている。でまぁしかし、ふたりの名前が瀬戸と潮田なので、なんとなく読んでいて「あれ?どっちがどっちだっけ?」と思うし、本の最初のあたりで瀬戸氏の写真と潮田氏の写真がはいっているのだけれど、いかんせん両方ともおじさんなので、やはりどっちがどっちだか印象がぼやけてしまうというところはある。まぁしかし、敵味方双方にいいかんじの登場人物がぞろぞろ出てきて、TBSの日曜劇場になりそうなかんじのおもしろさなのだった。でまぁ、この本でガバナンスの勉強ができたかというと、そういえばたしかに近年、大学にもガバナンスということが言われているなあということは思い出された。まぁ、ここまで劇的に血で血を洗うような激闘がおこりそうなかんじはないので、本書で実感がわいたかというとそれはなかったけれど、こういう種類のことを言っているのだというのはよくわかったかな。
ところで、この手の企業実録モノ、そんなに読んでるわけではないのだけれど、たとえば東大大学院政治学丸山ゼミ出身でフッサールを論じた論文もある将来を嘱望されてた男が後輩イラン人女子と結婚するためにイランに渡り東芝現地法人に採用されてみるみる頭角を現し世界初のラップトップコンピュータを開発してパソコン事業を成功させ、東芝を再興、社長に上り詰めて米ウエスティングハウス社を買収し原子力事業に東芝の未来を掛けたものの失敗、東芝壊滅の戦犯として追われる、という『テヘランから来た男』(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20171208/p1)とか、リクルートという戦闘的組織をつくって高度経済成長の波を捉えてぐんぐん成長していくも、徐々に歯車が狂い孤立を深めてバブルの中で没落していく江副って人を描いた『起業の天才!』(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2021/04/18/131741)とか、こういうのはやはり読んでて面白い。まぁ、それらの本にある、主人公のやばい狂気そして没落、みたいなものが本書にはちょっとなくて、正義の主人公が絶体絶命のピンチから逆転して悪を倒すみたいなお話にはなってるね。

大学で使う用のノートPCがおかしくなった。

7月に買ったノートPCが、ふいにクラッシュした。
この人。
k-i-t.hatenablog.com
で、
症状としては、こういう↓かんじ。
jp.easeus.com
で、いろいろといじって、まぁ持ち歩き用のPCなので中にたいしたデータも入ってないし、初期状態になってもいいやとかいいつつあれこれ何度もいじっていたけれど、ループするし、ちょっとにっちもさっちもいかない。
意地で何かしたら直るものなのかもよくわからない。
なんとなくソフトウエア的なというかデータ的なゴミが発生して悪さをしているぐらいのことなのかしらという気もしなくはなくて、それならうまく修復できなくもなさそうな気もするけれど…まぁいかんせん、自分でできるかと言われると、できなそうだしなあ。
お値段的には35.500円で、れいによって聞いたことのない中国のメーカーのパソコンなので、まぁ…こんなもんかなと思ってみたり、しかしさすがに3カ月でクラッシュすると1カ月1万2千円ぐらいの計算だから、ちょっと割に合わない。
どうしようかなあ。

通勤電車で読む『人間の生のありえなさ』。「なぜ私なのか」という言っても詮無い問いをめぐって。

ヴェイユ、AA、田中美津、(あとサンデルが少し、あと小泉八雲も)を手掛かりに、Why-me-question(というのだそうで、たとえば不幸に遭って「なぜ私なのか」と問うような問い)、言っても詮無いような問いをめぐって、「私」というのの偶然性?をめぐって考察している。ふむふむと読んでいると、終章からおわりにかけて、「言う端から言葉が意味を失い消えていくような場所にいながら、それでもなおそこで何かを言い続けようと地団太を踏み、ほとんど意味不明な言葉を発する滑稽な女」と「罪を犯し主人を恨み主人の手で打ち首になりながら石に噛み付いて臨終の際の思いを果たして消えてしまった愚かな、滑稽な男」、といった姿がたたみかけてきて、そして「なぜ私なのか」という声を前にして祈ることもできなくなっている「怠惰」な私たち、しかし……… 、ということで、ぐぐっとくることになる。

通勤電車で読む『文章が一瞬でロジカルになる接続詞の使い方』。よさげ。

このまえ読んだ本(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2022/07/25/214226)の著者の本。こっちのほうは印象がいい。接続詞で一冊、という。同種の本は『文章は接続詞で決まる』(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20180131/p1)があって、これもよかったし、本書の中でも参照されているけれど、そこでわかるのは、本書のほうがよりいっそう、接続詞でロジックにメリハリをつけるためにはたしょう見た目が洗練されなくてもかまわない、という姿勢のようである。これには同感。

通勤電車で読む『私たちはどう学んでいるのか』。認知科学の知見で「学習」についてなにがいえるか。

よかった。

『薬の現象学』。薬剤師の人が書いた哲学エッセイというかんじで、現象学というわけでもなかった。

薬の現象学、というタイトルにひかれて読んでみたが、哲学が好きな薬剤師の人が書いた、哲学エッセイ、というかんじ。薬が効くとか医療的介入が功を奏するというのは、まぁ、確率的な現象で、しかもたとえばワクチンの効果が統計的な有意性をもって確認されたとしても、たとえばもともと10万人に何人、みたいな確率でしか罹患しない病気であれば、わずかの人数が救われるためにたくさんの人が注射を打つことになるよみたいな見かけにもなる。そういう確率的な現象を、主観的な目線の側から見て、薬の効果とは何なのか、薬の効果は実在するのか、みたいに問うてみるとちょっとパラドックスっぽく哲学っぽくなるとか、でもべつにトンデモ医療を正当化するつもりはない、ただ正統医療とトンデモ医療の線引きはこれまた実在するのであろうか、どうのこうの、みたいなことが、まぁたぶん「現象学」といいたかったゆえんなのだと推測する。
本の後半のほうの、具体的な薬とか医療とかのはなしに重心がかかってきたところのほうがおもしろい。

通勤電車で読む『言葉の展望台』。

『話し手の意味の心理性と公共性』(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2020/05/15/102513)、『会話を哲学する』(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2022/09/06/172339)の著者の人の本。『群像』の連載ということで、言語哲学エッセイ、というかんじ。で、まぁコミュニケーションが日常的なor社会的な文脈の中でどのようにおこなわれてるか、みたいなおはなし、典型的には暴力とか差別とか、ということになると、まぁそういうのは社会学がよくそういうのをやってるよなあ、と思う。そうすると、社会学ではなくて哲学だと、どう違うのだろう、という関心で読む。もう少し正確に言うと、社会学というのはそもそも哲学やら言語学やら精神分析やらまぁなんでもいいけど他所でつくられた道具立てを勝手に拝借してきてはホイホイ使っちゃうところがあるので、そういう勝手ホイホイ流が含まれた上での社会学と、言語に関する道具立てを作ったもとにあたるかもしれない哲学とでは、言うことがどう違うのだろう、ということ。たしかに違う気もするし、でもどうちがうのかというのもよくわからない。まぁ、ひとは言葉に触れて何か考えるにあたって、いちいち社会学です、とか哲学です、と決めて考え始めるわけでもないので、どっちでもいいし違わなくてもいいような気もする。でも違うんであればその違いをてがかりに哲学とか社会学とかのやりたいことの違いが得心できる気はする。