通勤電車で読む『ビジネスパーソンのための「言語技術」超入門』。学生さんに勧めるというより、初年次教育担当者が読むとちょうどいいかもの新書。

「言語技術」というのが一般的な、言語の技術だよっということばではなくて、ある種の言語教育を念頭に置いた術語であるらしい、と知ったのは、田嶋幸三『「言語技術」が日本のサッカーを変える』を読んだとき(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20130523/p1)で、その後、テキストなんかもいくつか買って読んだりしてみて、学生さんにも勧めたりもしている( https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20130716/p1 , https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20150724/p1 )。で、ビジネスパーソン向けと称して新書になっているのを見かけたので読んでみた。新書なので、学生さんに勧められたらいいなあというのが念頭にあるわけだけれど、どうも読んだ感じから言うと、学生さんに勧めるというより、初年次教育担当者が読むとちょうどいいかも、ぐらいの本だと感じた。えーとつまり、学生さんに勧めたいというのは、学生さんが言語技術を身につけてくれたらいいなあ、というのが大きいわけで、そのいみでいうと、これ読んで言語技術が身につくというよりは、言語技術の考え方とトレーニングの仕方の例が書かれている。あたりまえだけれど、読んだだけで技術が身につくわけではないので、トレーニングをする必要があるわけである。まぁ、ことばというのはふだんから誰でもなんのきなしに使ってるわけで、だから、そもそも「言語技術」というものが存在するのだよ、その技術を持つと持たないとでは大違いなのだよ、それはちゃんとそのつもりでトレーニングすることで身につくよ、具体的にはこういうトレーニングだよ、ということを、ただ知るだけでも、まぁ技術上達の一歩にはなる、そのいみで、学生さんにこの本を勧めることで学生さんが言語技術を身につけてくれる、という狙いも、まったくの空振りにはならないだろうとは思う。ところで、もうひとつ、うちの学生さんというのは生涯学習支援の専門家になるための勉強をしているってわけで、つまり、トレーニングする側の知識技術を身につけることも勉強の目的になってくる。その意味では本書いいじゃないのということになりそうなもんなんだが、しかし、これはなんだってそうなのだけれど、1)Xに習熟することと2)Xを教えられるようになること、というのは、バランスが難しくて、まぁしかし1)があるていどできていないと2)はできないよね、というわけである。この本はそういうあれでいくと、2)に重心があって、つまり、「ビジネスパーソン」などという人種の人はなんだかんだいってあるていどのクオリティの文章読み書きを日常的にやってるしそういうニーズに囲まれて生きてるんじゃないか、そういう人たちに、日常の言語実践を、「言語技術」という視点から見直したり向上させたりするやり方を伝えているよ、みたいな趣旨のように見える。まぁそういうあれでいくと、だから、これまで「メロスはどんな気持ちだったかな」みたいな国語の授業を受けてきた(かどうかは知らんけど)学生さんの初年次教育の担当者が読むといいかなあという。
あと、自分的に面白くて使えそうだと思ったのでいうと、とくに絵画を説明するトレーニングが面白かったのだけれど、これじつは同じようなことを、他学部の文化人類学の先生の授業を見せていただいたときにやっておられて、すごくすごくおもしろかったおぼえがあって、あれやんと。その文化人類学の先生の、フィールドワークの訓練の授業で、ようするにフィールドを見る「目」、細部を見逃さずにひとつひとつていねいに言語化する力をやしなうということをやっておられて、まさにここでいう言語技術に相当することは、社会調査のトレーニングとしても役立つっていうか、これをまずみっちりするといいなあと思ったしだい。
あ、そういうわけで学生さんに勧める新書としては、上記の田嶋幸三(2007)『「言語技術」が日本のサッカーを変える』(光文社新書)をずっと推している。

通勤電車で読んでた『患者の話は医師にどう聞こえるのか』。アメリカのお医者さんが書いた傾聴をめぐるエッセイ。

医療のコミュニケーションについての本で、著者はニューヨーク大学医学部准教授、内科のお医者さんで女医さん。タイトルを見ると、患者の話は医師にどう聞こえるのかをデータを取って分析してるのかしらなどと想像するわけだけれど、そういうのではなくて、まぁ、お医者さんが書いた、傾聴に関するエッセイ、というかんじ。まぁ、お医者さんにも傾聴はだいじだよ、というお話で、それはそうなのだけれど、なにか出てくる話がやはり、困難な病気のケースとかもあって、文章そのものは気軽に読めるような調子なのだけれど、気が重くなったり、まぁこういう医療物は苦手なのだった。

自分むけにCOVID-19関連について現時点でどう考えることにするかをまとめておく。(その20:1/19-)

今週いよいよ厳しくなってきた空気感で記事をあらためる。
「まん延防止等重点措置の適用の要請等についての会見」
www.kantei.go.jp
「大阪・京都・兵庫「まん延防止等重点措置」について協議」
news.yahoo.co.jp
ま、このぐらいのかんじ。

さしあたり数字から。いまが1/19(水)のおひるやすみなので、まだおおかたの今日の分の数字は足されてない前提で。「10万対発生数」をメモ。東京178、大阪234.3、兵庫122.5、京都169.7、奈良98.2。現状いまいちあてにならなそうな実効再生産数で見ると(これは東洋経済のサイトのほうの数字,1/17時点)、全国2.49、東京2.79、大阪2.98、兵庫3.6、京都2.82、奈良2.19。
記事としては、
大阪府、濃厚接触者特定を事業所に一任 保健所の負担軽減」
news.yahoo.co.jp

いくつかの記事をマーク。いずれもとても参考になる。
西浦先生。
www.buzzfeed.com
www.buzzfeed.com
忽那先生。
news.yahoo.co.jp
いずれも、意外にも、オミクロン株の特徴が見切れてきたのでコントロールできそうになってきた、という内容ではある。

1/21.
丼先生レターTweet。無症状濃厚接触者の陰性率がみょうに低いのでは?という感触、オミクロン株は潜伏期間が短くなったとともに、「発症前にウイルスをまきちらす」従来のコロナの特徴が薄くなったのでは、という推論。


無症状、微熱ぐらいの症状、あるいは高熱でも12時間以内ぐらいだとPCR陽性が出にくいという感触の報告。
このあたりは、1/15にここに貼り付けたべつのかたのTweetでの「潜伏期間が短くなったからウイルスを排出したりPCR検査で陽性になったりのタイミングも早くなるのでは」という見方とは逆になってる。

1/22.
上記に関連してみかけたTweet。これもスレッドで。
スレッドで参照されている感染研のレポートは、1/5付の「SARS-CoV-2 B.1.1.529系統(オミクロン株)感染による新型コロナウイルス感染症の積極的疫学調査(第1報):感染性持続期間の検討」だった。
www.niid.go.jp

オミクロン株症例において、Cq値は診断日および発症日から3~6日の群で最低値となり、その後日数が経過するにつれて、上昇傾向であった。診断または発症10日目以降でもRNAが検出される検体は認められたが、ウイルス分離可能な検体は認めなかった。これらの知見から、2回のワクチン接種から14日以上経過している者で無症状者および軽症者においては、発症または診断10日後以降に感染性ウイルスを排出している可能性は低いことが示唆された。

このあたりの、「感染を広げるのは(特に広げやすいのは)いつからいつまでか」を頭に入れておくとけっこう頭が整理される。

こちらの記事のまとめ。「オミクロン株の感染力は「速い」」。
www.fnn.jp

ふむ。はてさて、いまのところ確実だと理解できるのは「潜伏期間が短い」ことだが、オミクロン株の「世代期間が短くなってる」というためには、「感染性ウイルスを排出し始めるまでの期間が短くなってるよ」が言えないと話が合わんように思える。げんにこれだけ感染が急拡大しているのだから、たぶんそれは言えてるのだろう。そうすると、ここ数日ここに貼り付けてきたいくつかのTweetの関心、けっきょく感染を広げる/広げやすいのはいつからか、感染してから何日目ぐらいからで、発症より前か後か、どのていどか、みたいなことを、うまく整理して理解しないといかんなあ。
たぶん、潜伏期間が短くなって平均3日程度。おそらく感染力を持ち始めるのもやや早くなって発症より前から。でも感染力のピークは発症よりも後にシフト。ぐらいのかんじが、穏当な理解かしらん。

「世代期間が短い」から意味のありそうな見通しを導いている。なるほど。


ふむ。これは魅力的な見方だわね。そっちにいくといいんやが…。

『誰がために医師はいる』読んだ。これはよかった。

薬物依存が専門の著者のひとが書いた、まぁ随想というかんじの本。じわっとこさせる系の文章でよかった。また、少年院とか鑑別所とかにかかわったり司法精神医療にかかわったりしてたようで、そうすると、小泉義之ドゥルーズと狂気』『あたらしい狂気の歴史』(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20140807/p1 https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2018/09/22/200054)とかで言及されてた「自傷他害のおそれある」とされたはずのひとたちと医療的にかかわったりする人であるようなのだ。だからどうかというのはよくわからない。でもいま的な目線の精神医療であるよというようには見える。

通勤電車で読む『教え学ぶ技術』。

苅谷先生が、オックスフォードでやってる「チュートリアル」を、新書で日本語で再現してみせるという本。第一部が学部のチュートリアル、第二部が大学院のスーパーヴァイズ、ということのよう。で、いずれも教員が学生と対話しながらすすめていくということで、へー、と思うわけである。何冊も指定参考文献として専門書や論文を読んだうえで、それをふまえて与えられたお題に答える小論文を作成する、という宿題をやってきて、それをネタに教員がああだこうだ突っ込んだりしつつ、問いの立て方とか議論の展開の仕方とかを指導する、と。へー、これはすごいものだなあ、こんな立派なことはできないわ、と感心するわけであるが、まぁ種明かしとしては、この新書、学生役がオックスフォードでロジャー・グッドマンのところで修士を取っていま翻訳や執筆をやってる人(グッドマン『日本の私立大学はなぜ生き残るのか』の訳者のひとなのだな)。まぁね、それなら成立するわな。なぜ、これを「日本のふつうの大学生」でやらなかったのかなあと、苅谷先生の教え学ぶ技術というのを見習いたい大学教員はじぶんふくめやまほどいるわけで、せっかくなのでそういう私たちの日々のしごとの参考になるようなものがよみたかったなあ、と、まぁこれは本の企画のもんだいだけれど、思った。まぁそれでいけば、第二部のほうは、大学院生が研究テーマをみつけるさいしょのところで、まぁ練習もかねて思い付きの疑問みたいなものをぱぱっとみっつぐらい挙げて仮にそれを展開するとすればというていで教員がああだこうだ突っ込んだりしつつ指導する、というので、これは、じぶんふくめふつうに卒論の指導でやるっていうか、つい先日も3回生を相手にそんなことをやってたばかり。むしろいちばん楽しいところですよね。思い付きにああだこうだ言って膨らませていくのはたのしい。