『ゼイリブ』みた。

ゼイリブ [DVD]

ゼイリブ [DVD]

  • ロディ・パイパー
Amazon
せっかく連休だったので、気散じでもということで、このまえテレビでやってた『ゼイリブ』を。ジョン・カーペンター。なんとなくタイトルの片仮名の字面から、派手にクリーチャーないしエイリアン的なものと戦うアクションホラー的なものを予想していたのだけれど、はじめからずっと、延々と、80年代の不況のアメリカで工場閉鎖で失業した主人公が都会で工事現場の日雇い労働者になり、貧困者むけの炊き出しキャンプに受け入れられるはなし。酷薄な資本主義と格差社会、そして、メディアによる洗脳と無批判化、体制による支配、貧困者たちの共生の場への警察による弾圧、というのが延々と描かれる。
でまぁ途中からレジスタンス的な気配が出てくるわけだけれど、不思議なサングラスをかけるとあらふしぎ、街中の看板や雑誌の言葉のばけのかわがはがれて「消費しろ」「考えるな」「眠っていろ」「権力に従え」みたいなシンプルで洗脳的なメッセージが現れてくる。で、金持ちやテレビに出ているタレントやキャスターたちの化けの皮がはがれて、なんか変なガイコツ星人みたいな姿が現れる。でまぁ、それなりにアクションホラー的なところも出てくるけれど、アクションというよりは、体制側の弾圧が圧倒的で一方的なんで、レジスタンスへの弾圧映画という気配。敵の顔がガイコツ星人であるかどうかとかはまぁ、おまけみたいなもので、街中で監視してレジスタンスをあぶりだし、圧倒的な物量でレジスタンスのアジトに攻撃をかけ、無慈悲にせん滅する、みたいな体制側の描かれ方というのは、顔がガイコツ星人であるかどうかに関係なく、そりゃこわいだろうと。

とまぁ、ようするにこれはアクションホラーのふりをした左派レジスタンス映画だよなあ、とまぁ納得していたのだけれど、Wikipediaによると、

ゼイリブ - Wikipedia
「誤解されるが、私は資本主義のこの国に満足している。ただ、批判が無さすぎるのは良くないというだけだ(2015年)」「ゼイリブはヤッピーと資本主義の暴走を描いたもので、世界を支配するユダヤ人を描いたものではない(2017年)」

という監督のコメントがあるらしい。とくに後者のコメントはなかなかなもので、なるほど、あのガイコツ星人を「世界を支配するユダヤ人」というふうに読む読み方が出てくるのは、なるほど、意表を突かれたが確かに出てくるかも。ようするにこの映画は陰謀論的な想像力をもとにしてるので、それでいえば「世界を支配するユダヤ人」というのは、なるほど出てくるだろう。また、そういうあれでいけば、人々の間に潜む邪悪な敵の恐怖、というのは、戦後の「赤狩り」の時代気分の中で宇宙人が共産主義者・スパイ・工作員・等々のメタファーだったこともあるわけだから、それでいえば『ゼイリブ』という映画を、世界を支配するサヨクの陰謀みたいな文脈で(そのばあい、この作品世界のトーンとなっている不況と格差社会は、資本主義の酷薄さではなくて、旧共産圏の経済停滞とノーメンクラトゥーラ的な文脈につながれて解読されることになるのかも)読む人も出てきたっておかしくないのかもしれん。なるほど世の中は広いなあ。

fitbitのバンドが壊れたので付け替え。やはりだいたい1年ちょっとぐらいかね。

朝起きたら布団の中に何かあって、何かと思ったら腕からはずれたfitbitだった。樹脂製のバンドが切れてる。まぁ、ミサンガみたいなものでなにか願いがひとつかなうのだろうなと思うことにする。
交換用のバンドは買ってあるので、すぐに新しいのに付け替えた。
この交換バンドを買ったのはいつだったかというと、だいたい一年前、去年の8/10なのだが、
Fitbitのバンドが壊れた。ちょうど1年だね。 - クリッピングとメモ
ここのログを見ると、じつはその後すぐに本体そのものを買い直している。
2代目fitbitがうごかなくなった。ちょうど2年弱かぁ。 - クリッピングとメモ
というわけで、去年の8/22から今の3代目fitbitを使い始めて今年の9/21の朝まで(fitbitのログを見たらちゃんと朝まで記録されてたので、たぶん起きた時に腕からはずれてすぐ見つけたのだろう)、やっぱりだいたいほぼきっかり1年と1カ月ということですな。

通勤電車で流し読む『読書する家族のつくりかた』。知らんけどこれ令和の家族でいけるのだろうか?

学生さんに勧められるかなあと思って読んだ新書本。著者の人は1962年生まれでわたくしより上なので、まぁ読書についてもだが、それ以前に「家族」というものについて、昭和の戦後というのがひとつのイメージなのかもしれないと思わなくはなかった。「家族で書店に行くゲーム」「家族で読んだ本のプレゼン大会をするゲーム」とか、よくわからないけれど令和の家族ってそういうのが成立するのかなあ?とは思った。いやまぁべつに成立するならいいです。まぁ25個の「ゲーム」?が思いつかれていて、「Zoomで家族読書会」「SNSで家族読書会」「LINEで本について語り合う」「家族でYouTubeチャンネルを作って本を朗読する」とか、まぁ令和みを出そうとしているのはわかる。
この著者の本どっかで読んだぞと思ったが、やはり読んでた。
非常勤講師懇談会の帰りの電車で読み飛ばす『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』。まぁ気を張らずハードルを下げてとりあえずてきとうに読もう的な。 - クリッピングとメモ

通勤電車で読む『心はどこへ消えた?』。居るのがつらい人の文春の連載エッセイ。これは売れる。

『居るのはつらいよ』でおなじみの著者の新刊は文春の連載エッセイをまとめたもの。
https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2019/04/24/010318
https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2019/07/18/230306
https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2019/07/24/002047
https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2019/07/30/205939
https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2021/05/17/162611
https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2021/06/14/140400
なんかけっこう追いかけているわけだけれど、まぁ、こんどのこれは読みやすい。週刊誌の連載なので、面白いエッセイということに全振りしていて、話のマクラとネタ振り+症例っぽいものの紹介+振りに戻ってちょっと泣かす感じで回収してオチ、みたいなパターンで毎回ちゃんと読ませる。こういうのを書ける人があと2,3人いると、また臨床心理学ブームになるんじゃないかな。いや、いい意味で。

『イノセンス』みた。

以前見た『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0』(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2021/02/21/222801)の続編(?)らしきものをテレビでやってたので見たけどやっぱりよくわからなかった。感想も前回と同じで、いきなり途中からはじまり、世界観みたいなものははっきりあるのは分かるのだけれどお話はさっぱりわからなくて、なんか世界観のイメージビデオを見ているようだった。これはしかし曲がりなりにもシリーズの前作を見て続編を見てさっぱりわからないのだったら、これはどうすればいいのかというか、もうようするにもとが原作の漫画なのだとしたらそれを読むところから入らないとらちがあかないということなのではないだろうか。

『THIS ONE SUMMER』読んだ。夏の終わりってことで。

夏休みに読むつもりで買ってたんだが、いまになってしまった。まぁ、夏の終わりということで。
カナダの作家の人の、グラフィック・ノベルというのはようするに日本でいうところのマンガ。で、なんとなく読む前は高野文子で読んだ感じなのかなと思っていたけれど(と思いつつよくよく思い出してみると『絶対安全剃刀』所収の「玄関」あたりだろうかしら、だとするとやっぱり)あたりまえながら、ぜんぜんちがうわけで、もう少し映画とかドラマとかを見る感じ。
tanemaki.iwanami.co.jp