通勤電車で読む『プレゼンテーション・パターン』。

『ジェネレーター』からはじまって関連書を読むシリーズ(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2022/06/18/144547 https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2022/06/14/192456 https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2022/06/27/213140)。『対話のことば』のときと似たような印象をもつ。あとがきで、このブック版では「読み物として読めるように書き直した」ということなので、本書に関してはパターン・ランゲージの形そのものにはなっていないということなのかなと思いつつ、しかしたぶん、そういう書き方の問題ではないところに引っかかりを感じる。『対話のことば』の本が、けっきょくオープンダイアローグの流れに沿いすぎててオープンダイアローグの入門書に見えたのと同じように、本書は、ふつうのプレゼン作成-実践の教科書に見える。パターン・ランゲージってそういうことをやりたかったのか?という違和感がある。「コンテクスト」といういいかたをなぜしているのか、というあたりかな?オープンダイアローグなりプレゼン作成なりのふつうの流れに沿うのであれば、コンテクストなどという言い方をする必然性が見えにくくなる等々? あるいは逆に、これがたとえば『プレゼンのコツ33』みたいなタイトルのハウツー本として成立するか(しそうだ)と考えてみる。すると、バラバラの「コツ」のひとつひとつに「コンテクスト」って言う必要はないよなあ?等々。パターン・ランゲージにおける「コンテクスト」って、どういういみなのか、ということが気になる(ランゲージにおけるコンテクスト、言語における文脈、ということなのだろうけど、それはつまりだからどういうこと?的な)。
あと、本書では、一つ一つの項目に、その項目に関係ありそうなプレゼンにまつわる「名言」がいくつか引いてあったりして、そういうやりかたでなにかアイディアの衝突とアクシデント的創造が起こるように、たんに教科書として流れてしまわないように、くふうがしてあるようにみえる(それこそコンテクストを撹乱するような…)。で、それがパターン・ランゲージがやりたいこととおなじなのかどうか、ということが引っかかるなあと思う(個人的には、よのなかにたくさんある名言集というのはそうとうダメなものだと思っている)。

通勤電車で読む『パターン・ランゲージ』。

『ジェネレーター』からはじまって関連書を読むシリーズ(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2022/06/18/144547 https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2022/06/14/192456)。対談集のかたちになっているけれど、それがよさげ。話し手どうしで「パターン・ランゲージ」ということばの意味合いがびみょうにかみあってないところがないか。じぶんが感じている違和感の原因をさぐるてがかりになりそうかなあと思いながら読んでた。

通勤電車で読む『PUBLIC HACK』。きれいな『貧乏人の逆襲』。

このまえ、『創造性をデザインする』を読んだ(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/2022/06/08/124700)ときに、楽しそうな本がたくさん参照されていて、そのうちの一冊。公共空間を自由に使おう、という本はけっこうあるのだけれど、意外とヤな感じの本が多いと思う。なので警戒しながら読みはじめたのだけれど、この本はよかった。こっち側の本だと感じた。
公共空間を活性化しよう、ということじたいはいまさかんにおこなわれているよと。ところが、そうすると、公共空間だから不公平にならないように、みたいな思惑がはたらいて、できるだけ公平にかつみんなのためになり…みたいなことを担保しつつ、かつ、民間の力を導入して活性化しましょうみたいなことをやると、参入のハードルだけむだに高くなりまぁ民間というのは定義上、私的な利益がないとなりたたないわけだし、そうすると、けっきょく、ごく限られた(たぶんようするに結果としては採算を合わせながら公益ですみたいなフリが上手にできるプレゼンテーションのノウハウを持ってる?)、けっきょく特定の企業みたいなのしか参入できなくなる、そうするとけっきょく、公共空間がにぎわってるように見えながらけっきょく店に入ってるのと同じことにしかならないよね、金を払う人だけが楽しむ場所になるよね、そんなの公共空間じゃないし、つまんないよね、という立ち位置が最初に書かれて、それで、公共空間ってのはきらくに勝手に使えるところだよ、「みんな」の迷惑になるから何もやっちゃダメ、というのじゃなくて、「みんな」の中には自分も入ってるんだから、自分がその空間をじぶんのものとして楽しく使っていいじゃないの、ただ、自分も自分以外もあわせた「みんな」なんだから、自分と自分以外の人たちがみんな楽しく共存できるためにおたがいのことをちゃんと考えながら使えばいいんだよね、それをめんどくさがらずにちゃんとしさえすれば、公共空間はみんなにとって自由でいきいきした空間になるよね、みたいなはなし。
で、いろんなアクションが紹介されてる。パリッコさんのチェアリングも紹介されてるし、『野宿野郎』のひと(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20110825/p1)も紹介されてるし、まぁそんなかんじ。
で、ふつうっぽいかんじで書いてありながら、法律をちゃんと知っておこうとか、警察が来た時にどうするとか、まぁ警察ってのは通報があったら法律がどうであれ来ざるをえないので、通報されないように気を配るのが重要だとか、なんかなにげにいいかんじのことを言ってる。まっとうな社会人の人が書いた本に見せているけれど、中身はきれいな『貧乏人の逆襲』(https://k-i-t.hatenablog.com/entry/20081003/p1)ってかんじ。

通勤電車で読んでた『そして映画館はつづく』。

読もうと思っていながら、映画館とか映画界とかにブラックな話題があったことが気になってしばらくつんどくになっていたが、まぁそろそろ読んでみた。そういうたいどじたいがよろしくないわけだけれど、まぁ読まないというのもあれなので。まぁ、全国のミニシアターみたいなところの人たちにインタビューをしたり、あと監督とか俳優とか配給会社とかの人にインタビューしたり、まぁそういう本。この本自体が、コロナ禍のなかで作られたもので、また、映画館とか映画界とかのブラックな話題についてもあるていど言及している人がいたりしているけれど、まぁ全体的には映画愛的なトーンが基調になってるのは、まぁこういう本はそうなるわねというかんじ。

深夜に見てた『ドリーム』。以前、授業で学生さんが教えてくれたもの。邦題騒動もありました。伏線がきいている。

以前、カリキュラムのぐあいで学生さんひとりの授業というのがあって、人権とかそういう科目だったので、じゃあ映画でもネタにあれやこれやしゃべろうか、ということにして、学生さんセレクトで映画を選んでもらって、その内容をもとにあれやこれややってた。で、本作も学生さんが教えてくれたもの。その学生さんは、淀川長治ばりに映画の内容をファーストシーンから喋ってくれるので、まぁそれで授業もやりやすかったが、なんか実際に見た時にけっこう既視感があるってのもあって、本作も、ああ、これ学生さんがいってたかんじだなあと。
で、本作、1960年代のアメリカで、NASAで計算係として働いていた黒人女性たちの、実話をもとにしたお話らしい。宇宙にロケットを飛ばそうというときに、正確な軌道計算が求められているってのに、進歩的であっても不思議じゃないかなあというNASAのエリートたちが、ごくナチュラルに人種差別・女性差別してて、そんななかで主人公たちが、まぁきちんと力を発揮して一つ一つ認めさせて道を切り開いていく、という。
i-d.vice.com
まぁそういうお話なのだが、邦題がおかしいとか、紹介のされ方がわかってないとか、そういうのも話題になったですね。
www.buzzfeed.com
www.buzzfeed.com
自分的には、実際に見てみたら、(これは学生さんの喋りの中にあったかどうかは忘れたが)伏線がきいていてぐっときたなと。管理職になる人が、最初の方で車のエンストをいっぱつでバチっと直したところが、あとでIBMをぱっと動かしたところで再現されてる。計算係の人が、最初の方で黒板で方程式を解いていたのが、あとで会議室でチョークを渡されて軌道計算をやってみせるところで再現されてる。こういうのは爽快。で、そうすると、もうひとりのエンジニアになる人にもう一つ見せ場があるとよかったかなあと。最後のピンチのときにヒントを与えるのをこの人がやったらよかったかなあ等々(判事と対決するところはすばらしかったし、そこがこの人の見せ場だったのだけれど)。最後のピンチのエピソードで、3人の見せ場とキメ顔があったら、わかりやすいかなと(俗すぎるかな)。

『女の子がいる場所は』。2022年に読むやまじえびねには山内マリコや宇垣美里が推薦文を寄せてた。

やまじえびねという名前は、『LaLa』の読者だったとき以来ひさしぶりにTwitterのタイムラインで見かけたわけで、山内マリコや宇垣美里が推薦文を寄せてた。オンラインで第1話を読んで、そうだな、スタイリッシュな画風だった気配はいまでも残ってるかなと思いつつ、内容的には、世界のいろいろな場所で、女の子たちが、それぞれ「女の子だから」という圧に出会う日常を、描いてる。で、山内マリコは「ここに描かれている遠い国の少女と私たちは一緒だ」と書いてる。