通勤電車で読んでた『中動態の世界』。

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)

能動/受動というのではない中動態、というのは、冒頭近くで早々に書いてあったように、あたりまえといえばあたりまえのことで、そのいみでは一貫して当たり前のこと周辺について書いてあるといえばいえるし、でもやはり思ってたより面白くていろいろ勉強になった。「責任」というネタについては、以前、論文を書くべしと言われて難渋しながら書いた覚えがあって、その時には筆者の手に余るという感じでてきとうに片づけつつだったので、その適当にやったことの確認といういみもあった。

『武田百合子対談集』ようやく読んだ。金井美恵子で武田百合子を知った世代。

武田百合子対談集 (単行本)

武田百合子対談集 (単行本)

なんか例によってTwitterで見かけて、金井久美子・美恵子姉妹との対談も載ってるということなので、少し前に駅の近くの大きい書店に買いに行ったものの、なくて、その足で駅周辺の書店をはしごして(あちらへこちらへ、上に行ったり下に行ったりして、途中では大きなクリスマスツリーが、もう夕方になって点灯されてたのも見たりすることになりそれはそれなりにきれいだったのだろうがそういうきぶんでもなく)都合5件目でようやくみつかってぶじ入手したわけだが(ちなみにもう一冊、『サクランボの丸かじり』は最初の店でぶじ買えた)、つくづく思ったのは、下宿の近場の書店がのきなみ消えていっただけでなく、駅の周辺の、それぞれ昔は信頼していたような、それぞれ少しずつ色合いを持ちながら充実していて昔はなにというわけでもなくぐるぐる巡回するのが楽しみでもあったような書店たちが、かろうじて生き残りながら、面積が狭くなったり、アニメグッズ売り場みたいのばかりになったり、なんだか胸の痛む現状になっていることよ、ということだったが、最後に行った地下街の中の書店はいまのところまだ生きていて、無事みつけたこの本をレジに持って行きながらすこしほっとしたというわけなのだけれど、ともあれしばらくはわたわたとした日々を過ごしてようやく読もうかなという感じになって読んだ。むかし、金井美恵子のエッセイで、中曽根(も亡くなったですな、金井美恵子の生まれ育った群馬が選挙区だったと)の発言をだしにした文章が最初に入ってるやつだったと思ったけれど、その中で『富士日記』とか『遊覧日記』とか?紹介されてて(『遊覧日記』『ことばの食卓』『日々雑記』『犬が星見た』は次のエッセイ集のほうで見たのか)(ちなみに東海林さだおもそのエッセイ集で紹介してて、『丸かじり』はさいしょの『タコの丸かじり』を父親が買ってきてた本で読んでたのだけれど、それ以降のものとかそれ以外のものも読むようになった)、いいなあと思って読んだりして、それでも『富士日記』はたしか二冊目の途中で止まったまま、きがつけば武田百合子を読むような時間がどっかいってしまったまま四半世紀が経ってるのだけれど、この対談集は武田泰淳が亡くなって『富士日記』が発表されたころの対談が載っている。

(ついでに書き添えておくと散髪した。昼に散髪屋さんに行って帰ってきてから囲碁対局の後半を見終わってからやおら武田百合子の流れ。)

通勤電車で読む『こども六法』『図解臨床心理学』『図解ヒトのココロがわかるフロイトの話』。後者二冊は学校帰りのコンビニで。

こども六法

こども六法

  • 作者:山崎 聡一郎
  • 出版社/メーカー: 弘文堂
  • 発売日: 2019/08/20
  • メディア: 単行本
図解 臨床心理学―身近にある「心の問題」を心理学で読み解く!

図解 臨床心理学―身近にある「心の問題」を心理学で読み解く!

図解 ヒトのココロがわかるフロイトの話

図解 ヒトのココロがわかるフロイトの話

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2016/03/01
  • メディア: 単行本
『こども六法』は話題になってたし。まぁ、法律の条文のめぼしいところを子ども向けふうの文体に変えたもの、というかんじ。刑法からはじまるということで、まぁターゲットとしてはいじめ訴訟のニーズのある子どもというかんじ。まぁ、こちらの期待としては、以前流行ったスウェーデンの社会科教科書『あなた自身の社会』のようなかんじのものだったけれど、そんなふうではないみたい。『あなた自身の社会』のほうは、生きていく中で出会うこととして司法の手続きとか麻薬がどうのとかが説明されるのだけれど、この『こども六法』は、ようするに法律をそのまま紹介してる。法律そのままというのは、わるくないのだけれど、そのまえに自分的にいえば、「法というものの考え方」というものを理解したい気はする。たとえば憲法は国を縛る、というとして、じゃあ刑法や刑事訴訟法は誰を縛ってるのかっていうかそもそも法が誰かを縛るってどういうことだっけみたいなことが、たぶんじぶんはいまいちわかってないのだと思う。なので、こども向けというのにしても、個々の法律よりも、法とはどういうものかということをまず伝える方がいいのではないか、あんがいそこでけっこう引っかかるのじゃないか、と思うんである(まぁもちろん、この本がようするに、いじめ訴訟を起こしやすくするための子ども向けの宣伝である、ということであるならそれはそれでかまわんというか、子どもたちに、きみのされていることは法律違反なんだ、訴えれば勝てるんだ、ということを強調する意味ではこれでいいと思うのだけれど)。
『図解臨床心理学』『図解ヒトのココロがわかるフロイトの話』は、学校帰りに駅のコンビニで買ったもの。半分のページが図解で半分のページが説明、みたいな、この手の本にありがちな構成。まぁ、どの程度のことが書いてあるのかなという興味からだったんだが、「臨床心理学」のほうは、多くのページを「心の病気」の紹介にあてていて、まぁ神経症統合失調症あたりから、PTSD,DV(なぜ?)、ADHD、LD、アスペルガー、といったあたりから、マタニティ・ブルー、チック、アダルトチルドレン青い鳥症候群、…とかなんとかありったけずらずら並べてある。まぁ、こういう本をコンビニで買う人は、たぶん自分や他人をいろいろな病気に当てはめてわいわいもりあがりたいという程度のライト層だろうから、このぐらいが世間的な水準としては相場なのかもしれない。「フロイト」のほうは、まぁフロイトのコンビニ図解教科書としてはこんなもんだろうというか、まぁ予想通りというか。まぁ予想通りに、転移に関してはきわめて適当にさらっと触れておしまいになってる。

通勤電車で読む『彼岸の図書館』。図書館のはなしは書いてなくて、内田樹のフォロワーの人たちがこれからの社会だとか生き方だとかを語ってる本。

彼岸の図書館: ぼくたちの「移住」のかたち

彼岸の図書館: ぼくたちの「移住」のかたち

東吉野村に「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」というのを作ったひとがいる、というはなしは、以前みかけて、関心を持ってた。
ホーム - 人文系私設図書館 Lucha Libro
それでまぁ、その図書館の人が本を出したというので、通勤電車で読んでみた。著者の人は、大学院で古代地中海史を研究していた人で関大の博物館で学芸員をやったりしていたけれど身体を壊して奥さんと一緒に東吉野村に移住して、奥さんが図書館司書だったこともあって自宅を開放して「私設図書館」にして、まぁお給料的には社会福祉法人ぷろぼのに勤務して稼いだり、大学で講義したりして、また、「オムライスラジオ」なるネットラジオを配信してる、と。で、大学院時代に内田樹ゼミに出入りしていたとかで、私設図書館も内田樹合気道道場に想を得たようで、それでネットラジオでも内田樹トークしたり、おなじネットワークの知り合いの人たちとかとトークして盛り上がったりしてて、この本はそういう対談を集めたもの。なので、図書館のはなしは書いてなくて、これからの社会だとか生き方だとか、そういうことが語りたい本なのだな、という印象。自分的には、図書館というものの力はすごいのではと思って、図書館の話を読みたかったんだけれど。

ようやく下宿のデスクトップにスキャナをつないだ。さいきんの機器はマニュアルが不親切ですな。単純なところで引っかかって苦労した。

エプソン スキャナー DS-530 (シートフィード/A4両面)

エプソン スキャナー DS-530 (シートフィード/A4両面)

  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: オフィス用品
ずいぶん前に買うだけ買っていた下宿用のドキュメントスキャナを、ようやく接続。まぁいろいろとひっかかりながら。さしあたり、ドライバとかソフトウエアが添付CDではなくWebからのダウンロードで、それでたぶん下宿のWifiが遅いのと、たぶんひょっとしてセキュリティソフトの具合もあるかわからないけれど、途中で止まったりやたら時間がかかった。そのうえ、設置する場所の具合でUSBのケーブルを延長しないといけなくて、下宿にあった前に使ってたのを使ったらうまく認識しない(たぶん接続が悪くなってたのかな?)。なのでさしあたり定位置ではなく暫定的にPCの近く机の上において短いコードでつないでみたら認識して、まぁ動いた。それでまぁてきとうにいじってスキャンさせようとしたら、ふつうだとできそうなのだけれど、OCRをかけて文字情報を入れたPDFになってくれない。それで、添付ソフトウエアで「読んdeココ」というのがついてたのでそれでやるべしと、やってみたら、なぜか1ページずつしか処理しない。マニュアルもなくて、ヘルプは貧弱、症状をググっても、バンドル版なので機能制限なんじゃないですかぐらいのことしか出てこない。しかし、いくらなんでもドキュメントスキャナで1ページずつしか処理しないなどという嫌がらせのような機能制限なんてありえるものでしょうか。ということで、かなり頭に来つつ、とりあえずいったん出かけて近所のスーパーで晩のお買い物、ついでに100均でUSBの延長ケーブルを買ってきて、まぁついでに夕方になってから近所のかかりつけ医に電話、インフルエンザ予防接種を予約なしでできますか、できますよどうぞ、はいはい、てなことでさっくりと注射を打ってもらってこの冬も安心、てなかんじで達成感を供給しつつ、帰宅して晩御飯を食べたりテレビを見たりしてから、やおら二回戦。で、しばらくは「読んdeココ」と格闘 - というほどじつは設定の余地もなく、できないものはできない、というかんじだったのだけれど - さらになんやかんやググってたら、初心に戻ってスキャナそのものの操作ソフトのほうの、「保存ファイル形式」を「PDF」にしてたんだけれど、じつは選択肢の中にほかに「検索可能なPDF」というのがあって、そっちをえらぶとちゃんと文字情報入りのPDFになったんだった。なんなんだ。論理的におかしくないですか。たとえばおいしいみかんを食べたくなって果物屋さんに行き、りんご、バナナ、梨、桃、みかん、…といった選択肢があって「みかん」を選んだら間違いで、「おいしいみかん」という選択肢が別途あったら、おかしいですよね。みかんはみかんだしPDFはPDFじゃないかと思うわけですよ。どうなのか。「保存ファイル形式」というのが、実際には何を選ばせているか、というところで、もちろん文字通りには保存するファイル形式を選ぶわけなので、検索可能だろうとそうでなかろうと保存形式としてはPDFはPDFだとしかいえないだろうと思うけれど、たとえば仮に、この選択肢を選ばせる事によって、データをファイルに加工するためにどのアプリケーションに投げるか、を選んでいるのだ、ということなら、わからんではないのかなあ。つまり、TIFFファイルを選ぶとデータを画像ファイルの形に加工するアプリケーションに投げる、とか、ただのPDFを選ぶとそのままPDF加工アプリケーションに投げるけれど検索可能PDFを選ぶとOCRアプリのほうに投げる、みたいな。いやしかしそういうのはユーザーには関係ないんで、ふつうのUIなら、「検索可能にする」のチェックボックスを別途作っておくべきじゃないかと思うわけである。まぁ、どうでもいいですが。いずれにせよできたからいい。それにしても、マニュアルがほとんどない、ヘルプも貧弱、そのうえ、UIがつるっとしているというか、最小限の情報しか表に出てこないというか「いま何が起こっているのか」をいちいちモニタしてくれないのでとくにうまくいかないときにこまる - このことは、ソフトウエアをダウンロードしてインストールするときにつっかえたり止まったりしてたときに痛感した - というのは、まったくよろしくないことである。まぁともあれ、スキャナがつながったから文句は言わない。

『バジャのスタジオ』みた。京アニの風景を描く短篇をいま見れるか。

NHKでやってたのを、一度は録画し損ねて冒頭だけ見たところで断念。再放送をやってたのでこんどは録画して見た。冒頭に「KOHATAアニメスタジオ」という看板が映った段階で胸が詰まり、なんとなくの風景でまた胸が詰まった。

通勤電車で読む『教室ファシリテーション 10のアイテム 100のステップ』。具体的でおもしろい。

教室ファシリテーション 10のアイテム・100のステップ―授業への参加意欲が劇的に高まる110のメソッド

教室ファシリテーション 10のアイテム・100のステップ―授業への参加意欲が劇的に高まる110のメソッド

今期、授業でファシリテーション技法関係のことをあるていどまとめてやったけれど、だいたい一段落。でまぁ、このあたりの本をおさらいしたりしつつ、また新しく読んだりした。この本の著者は現役の中学校の先生らしいひとで、「研究集団ことのは」というのを設立して国語科授業の研究をしているひとだと。この本が2012年刊行だが、その前にも後にもたくさんの著書があるようだ。でもって、なるほどおもしろかった。まず前提として、「力のある先生」なのだな、というのがあって、そういう人がじぶんのやっていることをちゃんと言葉にしてくれるととてもありがたい。で、たとえば学級づくりで新年度さいしょに生徒さんたちにさせる、自己紹介だといまいち平板で盛り上がらないので「ペア・インタビュー」というのにすると、ちょっとした仕掛けでずっと実のあるコミュニケーションと、豊かな紹介内容がでてくるよと。あるいはディスカッションとかディベートとか、ワールドカフェとか、なんとオープン・スペース・テクノロジーまで、10のアイテムが紹介され、さらにそれらひとつひとつについて、具体的にどう段階を追って進めるか、たとえばペア・インタビューをやるにしてもいきなりではなくて、最初にアイスブレイクをやったり、目的を明確化させたり、でもって各人でまずワークシートにいろいろ自分のことを書きこんで、そのあとペアになって相手のワークシートをもとに「取材コンテ」をつくり、それをもとにインタビューをする、インタビューのやり方もさいしょに「質問法四原則」と称して、オープンクエスチョンで聞く、大枠→細部の順に聞く、軽→重の順に聞く、オウム返しで相手の補足説明を引き出す、などというちょっとした技法を指導するとか、「なるほどインタビュー」ならぬ「つっこみインタビュー」すなわち、相手が答えたら「なるほど」で済ますんでなく、「1A3Q」と称して一つの答えにさらに3つのツッコミ質問をする、とか、こまかく段階をふんで仕掛けを入れ込んで指導して実践させる、というのが書いてある。これ、中学校のていで書いてあるけど、大学生でも社会人でもアレンジしていけるし考え方とか参考になるよなあと思いつつ読んでた。まぁ、後半のワールドカフェとかオープン・スペース・テクノロジーとかは、さすがに中学校向けというか、学校の授業とか活動に合わせた感じでかなりアレンジされているけど。