『野の医者は笑う』読んだ。『居るのはつらいよ』の著者・臨床心理士による沖縄スピリチュアルヒーラーの医療人類学というか。

野の医者は笑う: 心の治療とは何か?

野の医者は笑う: 心の治療とは何か?

以前、『居るのはつらいよ』というのが面白かったので、同じ著者の本を。
『居るのはつらいよ』読んだ。はずれなしでおなじみ「シリーズ ケアをひらく」の一冊。 - クリッピングとメモ
で、この本は、著者の人が沖縄で『居るのはつらいよ』なデイケア施設をうっかり退職し、就職浪人しながら、トヨタの財団の研究助成をもらって沖縄のスピリチュアルなヒーラーにどんどん会って、話を聞いたり、ていうかつぎからつぎへとヒーリングだとかセラピーだとかをしてもらったりオイルや水やパワーストーンを買ったり気を送ってもらったり、セミナーに通ってヒーラーの資格を取得したりしながら実地に調べた、まぁ医療人類学、というもの。で、さいしょに「やぶ医者」というのが「野巫(やぶ)」つまり在野の、呪術や民間治療のたぐいをやる者のことだった、みたいな語源話なんかもまじえながら、じぶんは臨床心理学で博士号を取ったもののそもそも臨床心理学とヒーリングや宗教とにどのような違いがあるものなのか、みたいなことでまぁ研究助成もめでたくとれてあれこれしらべて、まぁやはり文章がおもしろいのでおもしろく読めて、そして沖縄のあるセラピーの系統を辿ったらそこに驚愕の事実が!みたいなこともあり(まぁ二番目ぐらいに面白かったのは、本土から沖縄にやってきてたくさんのヒーラーの師匠となった超大物が、もともと教師をしながら生長の家で教化部長で活躍してた人で、本土復帰にあわせて沖縄政財界の引きで、子どもの教育の専門家として沖縄に来て、資金提供も受けて、「応用心理学協会」というのを設立して保育園も併設した、とか、そのからみで生長の家というのが日本にフロイトユングを紹介していたとか、フロイト著作集でおなじみの日本教文社がもともと生長の家出版部だったとか、まぁしかし生長の家の思想的背景にはまた「ニューソート」というキリスト教系異端の、ポジティブシンキングというのがあって、まぁそのへんが混然一体となって、スピリチュアリズムの中に入り込んでいる、みたいなはなしとか)、まぁおもしろかった。まぁ、『居るのはつらいよ』のほうがより直接的に著者の人の沖縄デイズの時間が止まったような日常をちょっと感傷的に書いてて、よかったのだけれど、まぁこっちの本もおもしろかったということで。でまぁ、どっちの本も結論そのものは、まぁそんなふうなところだろうなぁとは思うんで(ついでにいうといくつかの、たとえば「宗教」という言葉とかの使い方が雑だなあと思わなくはないのだけれど)、まぁしかしそこにいたるまでの右往左往がおもしろいってことで。

あと、↑くだんの「潜在意識」というキーワードの系譜学のはなしなどを見ていてなんとなく思ったのは、「ありのままの自分!」というのは教育界でいうならば「個性尊重」の「個性」ということにもなるだろうし、詰め込み教育や学歴社会的な勉強や訓練による歪みを取り除いた、アンラーンした、「マインドブロック解除」したあとの「あなた自身の中にぜんぶの答えがある」という「何か」、それはスピリチュアルな「何か」ということにもなるだろうし、輝かしいすばらしい「何か」が、あなた自身の中にすべて眠っている、それに従えば「ミラクル」が起こるよ、ということなのだろう、それはむしろいまものすごく広く受け入れられている感覚なんだよなあ、ということ。
そして、ちょうどさいきんぼんやり思っていた、そういう安直な感覚がひろまっているということと、たとえば何の苦労もしないでぱっと出てくる「直感」っていうかまぁ思い付きが、学歴とか詰め込み教育とか長年の訓練とかの結果を、凌駕する、という感覚がひとびとの - とくに本書で登場する沖縄の貧しく「不幸」な半生を経てきたうえでスピリチュアルの世界に行く人たちのようなひとびとの - あいだに蔓延していることと、それから、たとえばインターネットなど見ていると、まさにちょっとした発想とか偶然とか思い切りとかがインターネットの世界で爆発的にバズって一夜にして有名人になったり成功者(?)になったりするという、まぁ錬金術的な感覚がひろがっているということ、他方で、この不景気で地道な具体的な訓練とか苦労とか手堅い労働とかがさっぱり「成功」に結び付くイメージを結ばない、ということ、社会が提供する「成功」モデルが刹那的というか「ミラクル」的というか、インターネットスピリチュアル的になってる、ということ、そのへんのつながりを考えられないかなあ、等々。ただしまたそこにひとひねりあって、本書のさいごのところのアンケート結果から見る限り、ヒーリングイベントに参加している人たちの学歴は沖縄の平均よりはむしろ高めになっているとあって、もしほんとならそのへんは丁寧に見ていく必要は、まぁあるだろうし、しかしたとえば、いまの学校が子どもたちの中に「知性」と「反知性主義」のどちらを育てているのか、という問いを立てることもできるかもしれない、つまり、ほんらいの知性であれば、人は誰も真理への無限の階梯を昇って行く愛知者として平等、みたいなことになるかもしれないところを、しょうもない点数の上下で軽蔑したり嫉妬したり憎悪したりということばかりになり、おおむねほとんどの子どもたちが自己能力感が低く抑えられ、その結果として、学校こそが「反=(学校的)知性主義」を膨張させてしまい、それで、順序立てた科学的・合理的な構築とかをすっとばしたスピリチュアルな(?)直感主義(とか「実感主義」とか)に親和的になり…おりからの「個性尊重」ともあいまって、…等々…

『ホホホ座の反省文』読んでた。

ホホホ座の反省文

ホホホ座の反省文

某日、このままでは引きこもりになってしまうと外出、人出が多いであろうと思われる市街地の大型書店を目指す。外国人観光客らしき人たちがたくさん歩いていてあれよあれよと思っている間に気がつくと書店の前を通り過ぎている。で、そのまま戻るのもあれなので路地に入ると、昼間からから揚げなど並べてビールなど売っていたりして楽しげである。ともあれ書店にたどり着き、買おうと思ってた本を二冊ほどぶじ入手した後、またちょっと歩いているうちに、そうそう、『ホホホ座の反省文』というのを買うつもりだったんだと思いだす。それで、そうだ、どうせならあそこで買えばいいじゃないかと思って歩いて行ったら、店のドアのところに「17時に戻ります」と貼紙がしてあって、あれまぁと思ってそれならその近所の某書店でと思ったら、定休日で、あれあれと思って、まぁそしたらすぐちかくの地下街の書店で買えばいいかと思いなおして行ってみるとまぁ店頭平積みになってたので、まぁ購入して帰って枕元に置いて読んでた。

ふと再読する『なぜ人を殺してはいけないのか?』。

下宿の本棚を見て、ちょっとまた整理しないといかんなと思いつつふとこの本の背中が目について、そうかそういえばこれも小泉本だったのだなとふと手にとって、再読。以前にはこういう感想↓だった。
永井×小泉『なぜ人を殺してはいけないのか』、哲学ってなぁ・・・ - クリッピングとメモ
↑この感想文の中で、

小泉は、なんかいろいろな次元の論点を提出して、レヴィナスみたいな「応答」みたいなことをいってみたり、デリダみたいな?「食べること」の論点をだしたり、しているけれど、その中のひとつの論点として、まんまエスノメソドロジー的な規範論を出しているところがあるのが、おもしろいというか、ほらやっぱり社会学がでてこなきゃいかんやん、と思ったりした。

と書いてたけど、まぁ「エスノメソドロジー的」というのはちょっと雑な言い方だったかなと。人が将棋を指しているときに、その人はいろいろなルールに従っているが、そのとき「人を殺してはいけない」というルールにも従っているのでないと安心できないと思う人がいるとかいないとか、まぁそういうくだりを読んでそのように言ったんだったが、まぁエスノメソドロジー的というのでもないかもな。
あと、ふと奥付をみたときに、「カバー・本文ヴィジュアル 清水ナツオ+中原昌也」とあったけど、これはあの中原昌也なのか。言われてみればそうっぽい。

『辞める研修 辞めない研修ー新人育成の組織エスノグラフィー』読んだ。1stオーサーは『丼家の経営』の人。いいもんとわるもんがはっきりしていて読みやすい(のかどうなのか)。

辞める研修 辞めない研修ー新人育成の組織エスノグラフィー

辞める研修 辞めない研修ー新人育成の組織エスノグラフィー

あるIT系ベンチャーの研修に関わった人がその経験を参与観察として、法政大学での指導教員である『丼屋の経営』の著者の人をファーストオーサーにして、共著としてまとめた本、というかんじ?
通勤電車で読む『丼家の経営 24時間営業の組織エスノグラフィー』。おもしろいけどところどころ我に返って「おい?」といいたくなる。 - クリッピングとメモ
冒頭、パワハラ的空気の緊張した新人研修風景からスタートし、担当者の「鬼軍曹」が新人を激詰めしてるけど、その「鬼軍曹」自身が4時間しか寝てないんだから新人たちは何もいう事ができない、というブラック職場感あふれる説明が続き、そして著者の人はその鬼軍曹の下で研修担当者として働いているらしいのだった。厳しい研修を耐え抜くことができずに辞めていく新人たちも多いという。うへぇ、と思いながら読んでいると、意外にもこの「組織エスノグラフィー」は、この「鬼軍曹」上司を賞賛的な筆致で描き出すわけで、夜も寝ずにこの厳しい研修を行っている鬼軍曹によって、新人たちは組織の規律を「内面化」し、一人前となって会社の戦力となるのだ、という描き方をする。経営学の、ミンツバーグとか、あとドラッガーとかいう、ドラッカーのそっくりさんみたいなあまり聞いたことのなさそうな名前の人とかの、フレーズとかがぱっぱっと引用される。でもって、しかし、少なくとも著者の人から見ればうまく回っていたかにみえる研修は、会社の方針と組織替え、そして担当者の変更によって、大きく変化、ないし変質してしまう。研修の脱落者の多さがひとつの問題となり、脱落者を減らすために、寄り添う感じのニコニコ研修になる。それでどうなったかというとぜんぜんダメになったというふうに記述は進むわけで、つまり本書のタイトルの「辞める研修、辞めない研修」というのは、自分が尊敬していた鬼軍曹上司がやっていた厳しくもすばらしかった良い研修と、方針変更によってだめになってしまった悪い研修、というふうに、まぁ読める。いいもんとわるもんがはっきりしているので、読みやすいといえば読みやすいのだろうけれど、組織エスノグラフィーですということでその積もりで読む分には、なんかこう正直?というか、社内で冷遇された社員さんが現体制を批判してるのをえんえん読まされているようなかんじになって、まぁしんどいといえばしんどい。それで、これは共著者の参与観察者の人が実質の著者なのだろうかと一瞬よぎったが、やはりたぶん実質的な著者は1stオーサーである『丼屋の経営』の人なんだろうなぁ、と思うのは、本書の、ブラック企業とかパワハラ上司とかの目線に立った描き方とか、いいもん(とわるもん)がはっきりしてるかんじとか、ミンツバーグとかドラッガーという人(ドラッカーのこと?)のフレーズを一言ぱっぱっと引っ張ってくるかんじとかが、(このまえ読んだ『大学のトリセツ』シリーズも含め)けっこう一貫しているなあと感じたから。
通勤電車で流し読む『先生は教えてくれない大学のトリセツ』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『教授だから知っている大学入試のトリセツ』。著者は『丼家の経営』の人で、いま法政大のキャリアデザイン学部教授。 - クリッピングとメモ
ところで、
ちょうど先日の授業で、まぁ学生さんの夏の読書のおすすめとして、松本哉『貧乏人の逆襲』を紹介したのだった - まぁ夏だし、自由ってことで、この本けっこう面白いよ、まぁところどころ法に触れてるけどね、きみたちは法に触れるようなことをやっちゃいかんよ、まぁでも読む分には面白いからね、的な - けれど、そうそう、法政大学といえば『貧乏人の逆襲』でおなじみの松本哉、を産み出したすばらしい大学、なのだった。あわせて読むといいんじゃないかな。
『貧乏人の逆襲』面白すぎ。ただ授業で学生に薦めにくい。薦めたけどな。 - クリッピングとメモ

『野獣死すべし』見た。

『殺人遊戯』『最も危険な遊戯』のながれで、村川透監督で松田優作主演の大藪春彦原作ハードボイルドアクション映画、というつもりで見たら、完全によくわかんない80年代映画だった。アクションスター松田優作じゃなくて森田芳光映画の松田優作っていうか、挙動不審で無口無表情で目つきがおかしくて(「目がすわってる」と「目が泳いでる」はあってもふつうの目をしてることがない)東大卒の、文学だかニーチェ哲学だかを好みクラシック音楽を好み、すばらしい本棚とすばらしいオーディオ装置に囲まれた優雅なしかし生活感のない暮らしをしている、しかし何かのトラウマかなんかによって人間性が破壊されてしまったらしい - と、ここで「虚無」という語を思い出すべきだったのを、何冊かの映画評論を読み返して思い出す - 連続殺人&銀行強盗計画犯罪者の役、でもって意味深ふうの前衛的なシーンがところどころ、で上映時間はだらだらとのびて2時間近く、これはひょっとしてと思いながら蓮實重彦『映画はいかにして死ぬか』で当時のワースト10を覗いてみたら、なんと蓮實重彦はベスト10のほうに挙げてたのでわからないもんである。

『最も危険な遊戯』見なおした。やはり面白い。手数が多い。

最も危険な遊戯 [DVD]

最も危険な遊戯 [DVD]

まぁ、昨日の流れでいうとやはり『最も危険な遊戯』を見直さざるを得ないところだろう。
『殺人遊戯』みた。公開年に蓮實重彦が『最も危険な遊戯』をベスト、『殺人遊戯』をワーストのともに1位にしたというのでおなじみ。 - クリッピングとメモ
で、見た。やはり面白かった。なぜ『最も危険な遊戯』がべスト1で『殺人遊戯』がワースト1なのか、というのはやはりよくわからないけれど(だいたい「ワースト1」というのは何なのか、たとえば箸にも棒にもかからないものと「ワースト1」というのはどちらがどうなのか、というのはさっぱりわからないわけである)、まぁ二つ比べてどちらが面白かったかというとやはり『最も危険な遊戯』のほうではないかという気はやはり、する。なんか、手数が多いというのか。あと荒木一郎の薄気味悪い存在感もいい。